せきがする女性

毎年決まった時期に鼻づまりや鼻水、くしゃみや目のかゆみといった症状が出ることがあります。これは花粉症症状で、鼻水や鼻づまりといった鼻炎の症状の他に、体に花粉がつくことによって肌荒れを起こすこともあり、油断できない病となっています。

花粉症には、春と夏の2回流行時期があります。春の花粉症はスギやヒノキの花粉が影響しており、夏の終わりの場合はブタクサやヨモギが影響します。イネ科の植物に反応する場合は、春夏関係がなく、冬を除くすべての季節で感じることがあります。

特に春のスギやヒノキに関してはくしゃみや鼻水などの症状が出やすく、目が充血する、肌荒れを起こすといった症状も出てくるので注意が必要です。流行時期になると花粉の飛散情報が流れるので、その情報を参考に対応すると良いでしょう。

花粉症は、アレルギー性の疾患で、鼻水やくしゃみ、鼻づまりが起きる場合は季節性アレルギー性鼻炎、目のかゆみや充血、目やにといった症状の場合は季節性アレルギー性結膜炎と呼ぶことがあります。通年性のアレルギー疾患に比べ毎年決まった時期に起こるのが特徴で、花粉の流行時期が過ぎると症状は軽減しますが、次の年に再び症状は現れます。すぐに治る疾患ではないので、長期に渡って薬を服用するなどの治療が必要になってきます。

スギやヒノキなど針葉樹の花粉は風のって遠くまで飛んできます。山の少ない都市部であっても空気中には花粉が大量にあり地域などは関係がありませんが、都市部の方が症状が重くなる傾向にあります。そしてスギにアレルギーがある場合はヒノキにも敏感になることがあるので、スギの飛散が終わっても続けてヒノキが飛散をし始めるので、その期間は長く症状に苦しむことが多いです。

花粉にアレルギーを持っていても、すべての人が発症するわけではありません。その時の体調やその人の体質、ホルモンバランスや自律神経などが影響して発症したりしなかったりをしています。できるだけアレルギー反応が重くならないよう気を配る必要があるのです。

目がかゆくなる、充血するといったアレルギー性結膜炎は、大変かゆみが生じるので目をかいてしまったり、清潔ではない手でさわったりしてしまいます。そうすると炎症が起きアレルギーとは別に目の状態を悪くしてしまうのです。そういった花粉症以外の症状が悪化したり発症したりしないよう、かゆみに効果のある抗ヒスタミン薬などを使った治療を継続しておこなうことが大切です。