• ホーム
  • 花粉症の人にオススメのマスクを一挙ご紹介します

花粉症の人にオススメのマスクを一挙ご紹介します

2019年08月30日

花粉症の症状は大変つらいものがあります。できるだけ症状を抑えるにはマスクの着用は大切ですが、マスクにはさまざまな特徴があるので、自分の症状にあったマスクを花粉症対策として選ぶと良いでしょう。ドラッグストアでオススメされているものを購入しても良いです。

一番オーソドックスなマスクは、ユニ・チャームから販売されている、ユニ・チャーム超快適マスクと、ユニ・チャーム超立体マスクです。
ユニ・チャーム超快適マスクの特徴は、耳が痛くなりにくいストレッチ性の素材を使っている点です。一見普通のマスクのようですが、シルクタッチフィルタを使用し、花粉だけでなくウイルスの侵入も99%カットすることができます。鼻の部分や頬のおうとつなど、全方向からフィットするので、花粉の入りこむ隙間ができにくいのが最大の特徴です。ユニ・チャーム超立体マスクも長時間つけていても痛くなりにくい構造になっています。プリーツ型ではなく独特な形になっていますが、しっかり花粉やウイルスをカットすることができます。価格も超快適マスクよりも低い価格体となっていますので、購入しやすいです。

アイリスオーヤマサージカルマスクは、医療現場でも使われているのが特徴です。頬の部分から入りこまないよう長時間フィットしているので、花粉症対策になります。もちろんアイリスオーヤマサージカルマスクも花粉やウイルスの侵入を99%カットします。特徴はマスクをしていても口元の空間が作られているので会話がしやすい点にあります。

次にオススメなのはBMCフィットマスクです。BMCフィットマスクは、PM2.5対策としても使うことができガードステッチ加工をしているので、眼鏡をしていても曇りにくいです。フィット感がとても良いことが魅力の一つとなっています。

そして、花粉・ハウスダストを水に変えるマスクは、今までにないマスクとなっており、花粉やハウスダスト、汗やにおいといった不衛生たんぱく質を分解するので、数日間使うことができます。そして花粉・ハウスダストを水に変えるマスクの場合、他の洗濯物とも一緒に洗うことができるのも最大の特徴です。価格は最も高いのですが、数日間使うことを考えると他のマスクとさほど変わりはありません。ですが、銀やチタンにアレルギーがある場合は使用することはできません。

どのマスクも花粉や細菌といったものを通さない力は大変強いです。自分の顔とフィットするかどうかを判断の材料にすると快適に過ごすことができます。